セルライトと妊娠線クリーム

セルライトに効果的なクリームは?

WS000001

 

現在、セルライトをピンポイントで消す
クリームやオイルの販売はありません。
「セルライトを消すクリーム」
というものが発売されればすごく人気になりそうですね(^^;

 

その代わりに人気があるのが、ボディオイル。
直接セルライトを消すわけではありませんが、
余分な水分や老廃物の排出をサポートするもを使えば、
セルライトケアには最適ですね。
オイルを使うとマッサージもしやすいのでおすすめです。

 

肉割れに効果的なクリームは?

 

セルライトと違い、
肉割れには専用のクリームが多く販売されています。
肉割れは、クリームを使う方が回復が早いので、
専用クリームを使ってケアをしていく方が効率が良いかもしれませんね。

 

大きなドラッグストアに行くと、
妊娠線クリームが置いているので比較的買いやすいと思います。
価格は、1,500円~3,000円くらいが相場。

 

インターネットで検索すると、
肉割れ除去に直接アプローチする成分入りのものも見つけられます。
人気ランキングもあるので参考になりますね。

 

最近では、セルライトにも働きかける
肉割れクリームがあるようでビックリです。
セルライト専用クリームはないのに、
肉割れ&セルライトクリームはあるなんて(^^;

 

セルライトクリームと肉割れクリームまとめ

 

セルライトは、専用のクリームというものはありませんが、
マッサージ用のオイルで代用が可能です。
ただし、どんなオイルでも良いというわけではなく、
老廃物除去効果があるものが最適です。

 

成分としては、

 

①肌の凹凸を整える働きのある成分
②肌の引き締めやハリを出す成分

 

などが配合されているものがおすすめ。
上記のような効果がある成分は無数にあるので
「○○成分が良い!」と特定するのは難しいですが、
ビタミンC誘導体などは高い効果が期待できそうなので良いと思います。

 

また、天然成分が多いものも良いですね。
それから、個人的には、マッサージオイルなので
リラックスできるような香りのものが好きです(^^)
いくら人気のあるオイルでも
香りが苦手だったら続けられないですからね。。。

 

一方、肉割れクリームについては、
数多くの種類が販売されているので、
自分に合いそうなものを見つけて購入していくことをおすすめします。

 

・人気ランキング上位のものから探す
・肉割れの状態に合わせて探す
・口コミで評価の高いものを選ぶ
・シェイプアップ効果もあるものを選ぶ     などなど

 

セルライトより肉割れクリームの方が種類が多い分、
探すときに色々迷ったりして大変かもしれませんね(^^;

 

参照:肉割れクリームランキング | 口コミ・評判・購入レポ☆

 

 

妊娠線の症状

妊娠線(肉割れ線)の症状は、
個人差はあるものの亀裂のような線が入ったような特徴があります。
また、できたてと時間を置いたものでも違いがあります。

 

妊娠線ができてから放置するまでの症状

 
①妊娠線ができる直前

妊娠線ができる直前に多いのがかゆみの発生。
お腹が大きくなってきた頃から「なんだかかゆいなぁ」と感じ、
そのままかきむしってしまう方が多くいます。

 

ここでかきむしってしまうと、
妊娠線ができやすくなるのでできる限り我慢してください。
このかゆみは、乾燥によるものなので、
あらかじめ保湿しておくとかゆみを防ぐことができます。

 

②妊娠線の初期症状

妊娠線は、初期の段階で赤紫の線がうっすらと現れます。
1本ずつ出てくることもあれば、10本以上突然あらわれることもあります。
意外と薄いので気付かない方もいるようですが、
だんだんと濃くなって目立ってきます。

 

③赤紫色から白色へ

数ヶ月すると赤紫色の妊娠線が白っぽく変化します。
赤紫色に比べると目立ちにくいですが、
肌の奥では亀裂が定着し消しにくい状態に。

 

④最終段階

妊娠線が白っぽくなった状態で放置すると、
部分的に非常に乾燥した状態になり
テカリが生じるようになります。

 

最悪、テカリがひどくなり遠くから見ても目立つように。
テカリは保湿すると比較的早く治りますが、
できれば最終段階に行く前にケアを始めるのが◎

 

クリームを使うとどのように消えて行くのか

 
妊娠線の症状の変化は、赤紫→白色→テカリですが、
ケアをすると、テカリ→白色→目立たなくなる・・・
というように変化していきます。

 

基本的に、完全に消すことは難しいので、
赤紫色に戻るということはありません。

 

妊娠線クリームを購入する際は、
妊娠線を改善させるための成分が配合されているか
確認して購入することをおすすめします。

 

妊娠線はいつからケアを始めればいいの?

妊娠線ケアは、妊娠が分かった時から始めるのが理想的。
専用のクリームでお腹をマッサージしながら塗っていきましょう。
特に妊娠線ができやすいといわれる下っ腹当たりを
念入りにケアすると効果的です。

 

手元に妊娠線クリームがない場合は、
保湿クリームやオイルでも代用可能。
ただし、保湿クリームは妊娠線を修復する成分が入っていないので、
「予防」としての効果のみということを覚えておいてください。

 

もし、途中で妊娠線ができてしまったら
保湿クリームよりも妊娠線クリームで
マッサージすることをおすすめします。

 

現在妊娠中の方でまだケアを始めていない方は、
すぐにでも始めてください。
妊娠初期から始めるのが理想的ですが、
お腹が大きくなり始める4ヶ月目までであれば
予防としての効果は十分発揮できます。

 

妊娠線は、お肌が乾燥した状態にできやすいため、
乾燥しやすい冬の時期や、元々乾燥肌タイプの方は、
ケアの回数を増やすなどして対応すると良いでしょう。

 

妊娠線がもっともできやすい場所はお腹ですが、
それ以外でも太ももやおしり、胸にできる場合もあるので、
脂肪が多く太りやすい場所はこまめに塗っておくと◎

 

塗る回数は、朝と夜(入浴後)の1日2回がベスト。
妊娠線クリームの多くは、香りが弱く
匂いに敏感な妊婦さんでも安心して使えるようになっています。