肉割れと妊娠線ができやすい年齢

肉割れやセルライトには、体の状態によってできやすい時期があります。
できやすい年齢をあらかじめ知っておき、
将来肉割れやセルライトができないように予防したいものですね。

肉割ができやすい年齢は?

肉割れは急激に太ったり、痩せてしまったりした時にできやすいものです。
最もできやすいといわれている時期は妊娠時。
そのため20代から30代の女性に多いお悩みです。
妊娠中にできる肉割れは”妊娠線”と呼ばれ、
妊娠線対策に様々なクリームやコスメが開発されています。
妊娠中は短期間でお腹の膨らみが大きくなり続け、
産後は収縮するというダブルパンチです。
妊娠中はお腹はもちろん、
胸や二の腕なども大きくなったり太くなったりします。
そのためお腹以外の部分も肉割れ予防をしておくことが大切です。
また、肉割れは思春期の若い頃にもできます。

 

・部活動や筋力トレーニングなどで筋肉が増加したとき
・身長が急激に伸びる成長期

 

若い年齢では、体の成長スピードが速いため、
皮膚の方が追いつかなくなってしまうのです。
これは予防することが困難で、ある意味仕方がないものです。
しかし、10代の若いうちはお肌のターンオーバーが活発なため、
大人の肉割れに比べて綺麗に修復される可能性も高いです。
そして肉割れは女性だけの現象ではありません。
体重や筋肉の急激な増減がある場合は、
男女問わずできる可能性があります。

セルライトができやすい年齢は?

セルライトは女性につきやすいとされています。
どれくらいの年齢かと言うと、思春期を過ぎた後ずっとです。
思春期を境に、女性らしい丸みを帯びた体へと変化し始め、
脂肪を蓄えていきます。
若いうちは新陳代謝が良いため、
セルライトとして残りにくいものですが、
加齢とともに代謝が落ち、徐々に固定化されやすくなります。