肉割れとセルライトの原因にも違いがある

一見よく似たものですが、
肉割れとセルライトはできてしまう原因が異なります。

 

肉割れができる原因

 
・暴飲暴食
ストレスが積み重なった影響で、やけ食いなど食に走ってしまい、
急激に太ってしまうことが肉割れの原因の一つです。

 
また夕食を食べる時間が遅い、職種柄外食や飲み会が多い、
ということで止むを得ず太ってしまうこともあります。
暴飲暴食は体に良いことを何一つ生み出しません。
ストレス発散方法を見直しましょう。

 
・成長期の体型の変化
幼少期や思春期は、急速に体が成長していく時期です。
身長が大幅に伸びたり、筋肉がつくことで、
その変化に皮膚がついていけず肉割れになってしまうことがあります。

 
・肌が乾燥している
肌が乾燥しているときは、
伸縮性が弱くなり肉割れが起きやすくなります。

 
例えばお尻は水分が少なく伸縮性が低いため、
乾燥してくるとさらに皮膚が引っ張られることに対して弱くなります。
乾燥肌の方は、肉割れの対策に保湿ケアが必要です。

 
・運動不足
普段から運動をしておらず、
また座りっぱなしや歩く機会が少ないことで血のめぐりが悪くなります。
同じ姿勢を続けたり、体を動かさないことで代謝が下がってきます。

 
特に妊娠中はお腹が急激に大きくなり肉割れが起こりやすいです。
妊娠中は適度に体を動かしてあげることが重要です。

 

セルライトができる原因

 
・運動不足
セルライトの大きな原因は、脂肪が溜まることです。
運動不足で代謝が下がり、脂肪だけが溜まっていく…。
そんな時にセルライトが発生する可能性は高くなります。

 
定期的に運動を行うことで筋肉量が増え、代謝が上がります。
代謝が上がり脂肪を燃焼することで、
セルライトになる前に除去することができます。

 
・睡眠不足
睡眠時間が不足すると、自律神経の乱れを引き起こします。
それが続くと体の代謝機能が下がってきます。
衰えた代謝機能の影響でセルライトができることがあります。

 
また睡眠不足はセルライトの原因になるだけでなく、
様々な体調不良を起こして太りやすくなってしまいます。

 
このように、肉割れは体重の変化や肌の乾燥、
セルライトは脂肪を溜め込むことで起こりやすい現象です。