肉割れとセルライト、メカニズムの違いは?

肉割れとセルライトは、お肌の質感や見た目はもちろん、
そのメカニズムも全く違うものです。

 

肉割れができるメカニズム

 
肉割れは、肥満状態になったときにできるケースが多く、
脂肪が付きやすい場所に気が付いたらできていることもしばしば。
脂肪が急激に増えることで皮膚が引っ張られて、
脂肪の変化についていけなくなった結果ですね(泣)

 
妊娠時も同様に、急激にお腹が大きくなるため
そのペースに皮膚の方が追いつきません。
この時、皮膚奥深くの真皮にもダメージが及び、
傷がついたり裂けてしまうと肉割れとなります。

 
最初のうちは表面が赤っぽい線が浮かび上がり、
時間が経つと白っぽい筋のようになります。

 
ターンオーバーの遅い真皮にまでダメージが及んでいるので、
修復するには長期間を要します。
そのため日頃の予防が重要になってきます。

 

セルライトができるメカニズム

 

セルライトは、脂肪が肥大化してぼこぼこに膨らんだ状態です。
意外なことに、痩せている人にもついてしまうことがあります。

 
脂肪は周りの老廃物を巻き込みながら集まり、
カチカチに固まってしまいます。

 
脂肪の周りに余分な水分や老廃物がくっついている状態ですので、
普通の脂肪のように脂肪細胞をエネルギーとして
活用することができません。
また、周りの組織を巻き込んで、さらに進行していきます。

 
セルライトができてしまうと、その周りの毛細血管を圧迫します。
そのため代謝が悪くなったり、冷えやむくみの原因にもなります。
一度できるとなかなか除去できない厄介なものです。

 

このように、肉割れは皮膚の奥深くのダメージであるのに対し、
セルライトは脂肪細胞が肥大化したもで、
それぞれ発生するメカニズムは違います。

 
どちらも改善するには長い時間と根気が必要なのは共通ですが、
それぞれに合わせたケアが必要になります。

 

コメントを残す