かゆみに負けてはダメ

肉割れは、乾燥することで発生しやすいため、
初期の頃は、かゆみが出ることも多いです。
「なんだか下っ腹がかゆいな」とボリボリかくのはNG。
肉割れが悪化することがあります。

 

かゆみの原因は乾燥。
とにかく保湿することが大切です。
かゆみ止めや保湿剤などがない場合は、
難しいかもしれませんができるだけかゆみに耐えてください。
普段お使いの乳液で対処することも可能です。

 

また、かき続けると肌にダメージを与え、
傷が付いたり炎症を起こしたりすることも。
肉割れ部分に肌荒れが起きると、肉割れ線が目立ち、
今後のケアに時間がかかることになります。

 

具体的なかゆみ対策としては、
ひどい時にはかゆみ止めで対応し、
少し治まったら肉割れクリームでケアをしていくこと。
妊娠線については、できれば妊娠初期から予防として
対策をうっていたほうが良いですね。

 

コメントを残す