妊娠線はいつからケアを始めればいいの?

妊娠線ケアは、妊娠が分かった時から始めるのが理想的。
専用のクリームでお腹をマッサージしながら塗っていきましょう。
特に妊娠線ができやすいといわれる下っ腹当たりを
念入りにケアすると効果的です。

 

手元に妊娠線クリームがない場合は、
保湿クリームやオイルでも代用可能。
ただし、保湿クリームは妊娠線を修復する成分が入っていないので、
「予防」としての効果のみということを覚えておいてください。

 

もし、途中で妊娠線ができてしまったら
保湿クリームよりも妊娠線クリームで
マッサージすることをおすすめします。

 

現在妊娠中の方でまだケアを始めていない方は、
すぐにでも始めてください。
妊娠初期から始めるのが理想的ですが、
お腹が大きくなり始める4ヶ月目までであれば
予防としての効果は十分発揮できます。

 

妊娠線は、お肌が乾燥した状態にできやすいため、
乾燥しやすい冬の時期や、元々乾燥肌タイプの方は、
ケアの回数を増やすなどして対応すると良いでしょう。

 

妊娠線がもっともできやすい場所はお腹ですが、
それ以外でも太ももやおしり、胸にできる場合もあるので、
脂肪が多く太りやすい場所はこまめに塗っておくと◎

 

塗る回数は、朝と夜(入浴後)の1日2回がベスト。
妊娠線クリームの多くは、香りが弱く
匂いに敏感な妊婦さんでも安心して使えるようになっています。

 

肉割れを放置するのは危険

できてしまった肉割れを放置した場合、
時間とともに線が消えることはありません。
むしろ、放置することで悪化することも。

 

肉割れの原因は、体重増加による真皮の断裂なので、
体重が増えない限り新たなものが発生することはありませんが、
何もケアをしない状態が続くと、
元々できていた肉割れが強力なものへと変化してしまいます。

 

見た目にもわかるのですが、
初期の頃は赤紫色、だんだん赤色になり
最終的には白っぽい線へと変わります。
ここから、人によってテカリや凹凸が発生。

 

肉割れクリームなどの使用で、
長年放っておいた肉割れを薄くしていくことは可能ですが、
放置した期間が長ければ長いほどケアに時間がかかってしまいます。

 

もちろん、肉割れは病気ではないので、
目立たない場所にあるなど気にならない場合には良いですが、
「肉割れ線を消したい」という方は、
気付いたらすぐに対処することをおすすめします。
 

かゆみに負けてはダメ

肉割れは、乾燥することで発生しやすいため、
初期の頃は、かゆみが出ることも多いです。
「なんだか下っ腹がかゆいな」とボリボリかくのはNG。
肉割れが悪化することがあります。

 

かゆみの原因は乾燥。
とにかく保湿することが大切です。
かゆみ止めや保湿剤などがない場合は、
難しいかもしれませんができるだけかゆみに耐えてください。
普段お使いの乳液で対処することも可能です。

 

また、かき続けると肌にダメージを与え、
傷が付いたり炎症を起こしたりすることも。
肉割れ部分に肌荒れが起きると、肉割れ線が目立ち、
今後のケアに時間がかかることになります。

 

具体的なかゆみ対策としては、
ひどい時にはかゆみ止めで対応し、
少し治まったら肉割れクリームでケアをしていくこと。
妊娠線については、できれば妊娠初期から予防として
対策をうっていたほうが良いですね。

 

参照サイト

・食事制限ダイエット | 運動なしで痩せたい!
きつい運動なしで効率よく痩せるためのアドバイスサイト。食事制限をメインとしたダイエットを考えている方におすすめです。カロリー制限や食べ順ダイエット等公開中。新たな肉割れ・セルライトを作らないためにも食生活は大切です。